2019.7.17 05:03(1/2ページ)

傘で失明…目黒駅前路上でこめかみ横突かれ視神経が死滅

傘で失明…目黒駅前路上でこめかみ横突かれ視神経が死滅

 東京都品川区上大崎4丁目にあるJR目黒駅前の路上で4日午後8時40分ごろ、50代のコンサルティング会社社員の男性がタクシーに乗ろうとした際、面識のない男に傘で目の近くを突かれていたことが16日、警視庁大崎署への取材で分かった。捜査関係者によると、男性は片目を失明する重傷を負って現在も入院。男は現場から逃走しており、同署が傷害事件として捜査している。

 一瞬の凶行が、男性の目から光を奪った。大崎署によると、現在も入院中の50代の男性は、仕事を終え、帰宅をしようとタクシーを待っていた。だが、見知らぬ男と何らかの理由でトラブルになり、傘で目の付近を突かれたという。

 事件直後、男性は「傘で目を突かれた」と110番し、病院に救急搬送されたが、加害者の男は現場から走って逃げた。男はワイシャツに黒っぽいスラックス姿だった。同署が傷害容疑で行方を追っている。

 「目の付近には『外眉毛部(がいびもうぶ)』と呼ばれる急所がある」と指摘するのは、二本松眼科病院(東京都江戸川区)の眼科専門医、平松類(るい)氏(40)。これは眉毛の外側にある骨が張った部分で、先の細いもので強く圧迫される外傷を負うと、「エネルギーが頭の内部の視神経に集中する。すると視神経管の中の視神経が腫れて死滅し、失明することがある」という。今回、この急所を直撃された可能性がある。

【続きを読む】