2019.7.13 05:01

ハンセン病家族に「反省とおわび」 首相の謝罪談話決定

ハンセン病家族に「反省とおわび」 首相の謝罪談話決定

 政府は12日、ハンセン病元患者家族の差別被害を認め、国に損害賠償を命じた熊本地裁判決を受け入れ、安倍晋三首相による「政府として深く反省し、心からおわび申し上げる」との首相談話を発表した。家族への謝罪は初めて。近く原告らと面会し、直接謝罪する。差別被害に遭った全ての家族への補償に向け、政府は現行法の改正など法整備の検討に入る。

 原告・弁護団は東京都内で会見し「被害を償うに足りる賠償が行われるための道筋が示された」と首相談話を評価。請求が棄却された原告20人についても控訴せず、訴訟を終結させると表明。