2019.7.13 13:08

この夏はサウナをテーマにしたドラマで“サウナー”が急増の予感/芸能ショナイ業務話

この夏はサウナをテーマにしたドラマで“サウナー”が急増の予感/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
テレビ東京系「サ道」の制作発表に出席した左から磯村勇斗、ネプチューンの原田泰造、三宅弘城=東京・南麻布

テレビ東京系「サ道」の制作発表に出席した左から磯村勇斗、ネプチューンの原田泰造、三宅弘城=東京・南麻布【拡大】

 改編期を迎えたテレビ業界だが、この夏はサウナをテーマにした連続ドラマが2作品登場する。

 お笑いトリオ、ネプチューンの原田泰造(49)主演のテレビ東京系「サ道」(19日スタート、金曜深夜0・52)と、眞島秀和(42)主演のABC「サウナーマン~汗か涙かわからない~」(関西ローカルで8月25日スタート、日曜放送)だ。

 泰造は8日、東京・南麻布のフィンランド大使館で行われた制作発表に出席。同作では漫画家、タナカカツキ氏の「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」を初めて実写化し、原田は三宅弘城(51)、磯村勇斗(26)らと共演。全国を回りながらサウナ道に邁進(まいしん)する役どころだ。

 私生活でもサウナ大好きという3人は先日、東京・錦糸町のサウナに集合。友情を深めた原田は「僕にとってはネプチューンに代わるくらい居心地の良いトリオ。2回目もやりたいね」と早くも続編希望とノリノリ。

 撮影は実際のサウナ施設で行われ、原田は「現場ではプロデューサーもわれわれも、みんなフルチン」と“裸のつきあい”を楽しんだ様子。磯村も「誰がエキストラか一般のお客さんが分からなかった」と苦笑し、三宅は「仕事とサウナが一緒になるなんて最高です」と興奮気味に語った。

 一方の「サウナーマン-」は、10年間涙を流していない男がサウナでの出会いを通じ、熱い心を取り戻していく人情味あふれるストーリーだ。

 サウナは高血圧や心臓、精神疾患のリスクを軽減するといわれ、美肌効果で女性にも人気。水風呂や休憩などを組み合わせると、自律神経は適度に緩和する。現在のストレス社会では手軽に楽しめるなどの理由で“癒やしの場”となっているが、近年では仕事の打ち合わせ場所としてサウナを利用する人もみられ、休憩室ではリフレッシュしたガウン姿で話し合いをする会社員の姿も目立つという。

 今年はサウナの本場、フィンランドと日本の外交関係樹立100周年という背景もあり、サウナの注目度はさらにアップ。サウナ愛好者を意味する“サウナー”という言葉も生まれ、関西国際空港(関空)では4月からヘルシンキ行きの深夜便が就航。週末を絡めた弾丸ツアーなどで本場のサウナを楽しむチャンスも増えた。

 原田はサウナの楽しみ方について「水風呂をクリアすればすべてが変わる。がんばって入ってほしい」と真剣にアピール。ぐずついた梅雨空が続くが、夏本番を前に、サウナで心地よい汗を流しながらリラックスの本質に迫るのも楽しいと思う。(MM)