2019.7.11 12:39

矢口真里「胸をガシってつかまれ…」 モー娘。OGが恐怖体験語る

矢口真里「胸をガシってつかまれ…」 モー娘。OGが恐怖体験語る

矢口真里

矢口真里【拡大】

 元モーニング娘。のタレント、矢口真里(36)、飯田圭織(37)、保田圭(38)が10日放送のフジテレビ系「梅沢富美男のズバッと聞きます! モー娘。同窓会SP!」(水曜後10・0)に出演。人気絶頂期に起きた恐怖体験について語った。

 番組ではモー娘。の歴史を懐かしのライブ映像などを交えて振り返った。この中で、飯田らは人気絶頂だった現役時代に起きた恐怖体験について告白した。

 飯田は「北海道出身なので15、16歳から一人暮らししてて、仕事が終わって帰ってきたら電話が鳴るんですよね。そしたらファクスが流れてきて、『おかえり』って書いたファクスが…」と明かすと、スタジオから「怖い」と悲鳴が上がった。

 矢口は「私はけっこう普通に痴漢とか」と日常的に痴漢被害に遭っていたことを告白。さらに「夜道歩いてて、なんか胸ガシってつかまれて、浮いたんですよ体が。で、黒いワンボックスカーが停まってて、ドアが開いてて、私は絶対連れ込まれると思って。サングラスしてたんで、サングラス取って、『私、私、私』って言って、『ニュースになる! ニュースになる!』って。そしたら逃げていったんですよ」と見事に難を逃れたことを明かすと、共演者から拍手が起こった。

 この流れで恐怖体験について聞かれた保田は「全然ないです!」と答えてスタジオを笑わせた。