2019.7.11 10:36

ジェイ・Z、合法大麻産業に参入 「カリバ」ブランド戦略を担当

ジェイ・Z、合法大麻産業に参入 「カリバ」ブランド戦略を担当

 米人気男性ラッパーで実業家でも知られるジェイ・Z(49)が10日までに西部カリフォルニア州の企業と提携し、大麻産業に参入すると明らかにした。米国では同州など11州で嗜好品としての大麻使用が合法化され、急成長する市場に注目が集まっている。

 提携企業は娯楽用の大麻販売を手掛ける「カリバ」。人気歌手ビヨンセの夫でもあるジェイ・Zはブランド戦略を担う予定で「素晴らしい何かを楽しみながらつくり出し、良いことで人々を導きたい」と声明を出した。

 ジェイ・Zは元囚人が職業訓練を通じ更生を目指す活動を支援し、ファッションブランドなどでも成功を収めている。先月にはヒップホップアーティストとして初めて経済誌フォーブスの億万長者リストに入った。

 合法化された大麻産業には女優ウーピー・ゴールドバーグやカントリー音楽の大御所ウィリー・ネルソンら多くの有名人も携わっている。(共同)