2019.7.9 05:02(1/2ページ)

「アンチ安倍」43歳女、スマホ破壊で逮捕 17年都議選から街頭演説で組織的妨害

「アンチ安倍」43歳女、スマホ破壊で逮捕 17年都議選から街頭演説で組織的妨害

街頭演説後、有権者らとタッチを交わす自民党総裁の安倍首相

街頭演説後、有権者らとタッチを交わす自民党総裁の安倍首相【拡大】

 安倍晋三首相(64)の参院選での街頭演説で、抗議活動を撮影しようとした聴衆のスマートフォンを破壊したとして、警視庁中野署は8日までに、器物損壊容疑で自称東京都台東区松が谷の職業不詳、藤歩(とう・あゆみ)容疑者(43)を現行犯逮捕した。首相の街頭演説では「安倍やめろ」などと大声で連呼する妨害行為が目立っており、自民党は日程を直前まで公表しない“ステルス遊説”戦術をとっている。

 「私はあなたの意見には反対だ。だが、あなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」。18世紀のフランスの哲学者、ボルテールの民主主義・言論の自由を象徴する言葉を、思い起こさせるような事件が発生した。

 逮捕容疑は7日午後3時50分頃、東京都中野区のJR中野駅前で、50代女性のスマホを取り上げて地面にたたきつけ、壊した疑い。

 この日は中野駅北口で東京選挙区に立候補した自民党の丸川珠代氏(48)の演説が実施された。応援の安倍首相は、午後3時51分頃から丸川氏と選挙カーの上に立った。

 この際、“アンチ安倍”も大挙して詰めかけ、演説が始まる前から「安倍NO!」の横断幕や「こんな人たちですがなにか!?」などと書かれたプラカードを掲げた。さらに「安倍辞めろ」などと大声で連呼し、演説が聞き取りにくくなるほどの騒ぎになった。

【続きを読む】