2019.7.9 05:02

乃木坂・キャプテン桜井玲香が卒業 9・1ラスト公演、芸能活動は継続 

乃木坂・キャプテン桜井玲香が卒業 9・1ラスト公演、芸能活動は継続 

特集:
乃木坂46
9月1日の神宮球場公演で乃木坂46から卒業することを発表した桜井

9月1日の神宮球場公演で乃木坂46から卒業することを発表した桜井【拡大】

 人気グループ、乃木坂46のキャプテン、桜井玲香(25)が8日、公式ブログでグループから卒業することを発表した。3日からスタートした全国ツアーの最終日となる9月1日の東京・神宮球場公演をもって卒業する。

 桜井は「ここ数年、卒業していくメンバーが増え色々なフィールドで奮闘する姿を見て、自分もそろそろ乃木坂46のその先に続く新たな道標をつくる立場にまわるべきだと思うようになりました」と理由を説明。「卒業までの残り時間があまり多くないですが、最後まで『乃木坂46』『キャプテン』と向き合っていきたいと思います」と決意表明した。

 桜井は1期生メンバーで、関係者によると卒業後も引退はせず、芸能活動を続ける。昨年暮れから今年初旬に上演された舞台「レベッカ」でヒロイン役を務めるなど、最近は女優の仕事を頑張ってきた。

 乃木坂は昨年から今年にかけて生駒里奈(23)、現テレビ朝日アナウンサーの斎藤ちはる(22)、西野七瀬(25)、衛藤美彩(26)ら1期生メンバーの卒業が相次いでいる。

桜井 玲香(さくらい・れいか)

 1994(平成6)年5月16日生まれ、25歳。神奈川県出身。2011年8月に乃木坂46の1期生オーディションに合格し、翌12年2月に「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。以降、全てのシングルで選抜入りした。暫定キャプテンを経て、同6月にキャプテンに就任。女優としては16年の舞台「嫌われ松子の一生」や昨年の舞台「半神」で主演している。特技はダンス。155センチ。