2019.7.7 14:28

深田恭子 セクシーな泥棒スーツに大テレ「どうしようという気持ちでいっぱい」

深田恭子 セクシーな泥棒スーツに大テレ「どうしようという気持ちでいっぱい」

フォトセッションに臨む深田恭子=東京都江東区 (撮影・山田俊介)

フォトセッションに臨む深田恭子=東京都江東区 (撮影・山田俊介)【拡大】

 女優、深田恭子(36)が7日、東京・青海のフジテレビ湾岸スタジオで行われた同局系主演ドラマ「ルパンの娘」(7月11日スタート、木曜後10・0)の制作発表に瀬戸康史(31)ら共演陣と出席した。

 同作は、泥棒一家「Lの一族」の娘(深田)と警察一家の息子(瀬戸)の禁断の恋を描くラブコメディー。七夕にちなんで花柄の浴衣姿で登壇した深田は、「おなかいっぱいになるようなシーンがたくさん出てきますので、たくさんの方に楽しんでいただけたら」と笑顔であいさつした。

 劇中では泥棒スーツを着用する。抜群のスタイルにフィットした赤いセクシーなボディースーツで、着用した感想を問われると「衣装合わせの時は本当にどうしようと思って…。どうしよう、恥ずかしい、どうしようという気持ちでいっぱいでした」と照れ笑い。

 それでも父役の渡部篤郎(51)、母役の小沢真珠(42)、兄役の栗原類(24)と一家そろって撮影した際は「ちょっと強そうな気持ちになった。瀬戸さんの役がスーツなので、『こっちの方が楽しそうでしょ?』って優越感に浸りました」とドヤ顔。隣で聞いていた瀬戸は「自分のスーツも作ってもらいたい」と羨ましがっていた。

 物語にちなみ、共演者から盗みたいモノを問われた深田は、役作りで体重を10キロ増量して筋肉質の体を作り上げた瀬戸を挙げ、「そのストイックさがほしいです」と笑わせた。

  • 会場をあとにする深田恭子=東京都江東区(撮影・山田俊介)
  • 願い事を記した短冊をかける瀬戸康史(左)、深田恭子=東京都江東区(撮影・山田俊介)
  • フォトセッションに臨む(前列左から)瀬戸康史、深田恭子、渡部篤郎、(後列左から)栗原類、小沢真珠、大貫勇輔=東京都江東区(撮影・山田俊介)