2019.6.30 17:00

トランプ氏、軍事境界線越え北朝鮮側へ 金正恩氏と会談

トランプ氏、軍事境界線越え北朝鮮側へ 金正恩氏と会談

特集:
北朝鮮問題
トランプ劇場
南北軍事境界線がある板門店で握手するトランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(ロイター)

南北軍事境界線がある板門店で握手するトランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(ロイター)【拡大】

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は30日、南北軍事境界線がある板門店で会談し、トランプ氏は現職の米大統領として初めて北朝鮮側に越境した。米朝首脳会談は昨年6月のシンガポール、今年2月のハノイに続き3回目。ハノイ会談決裂後、膠着したままの非核化交渉の再開につながるかどうかが焦点だ。

 会談に先立ち、トランプ氏は韓国の文在寅大統領と共に軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)を視察。金氏との会談でトランプ氏は「歴史的なときだ」と強調した。CNNテレビによると、トランプ氏は金氏をホワイトハウスに招待した。

 米朝首脳は朝鮮戦争(1950~53年)以来の敵対関係の克服へ向けた意欲をアピール。何らかの形で戦争終結に言及する可能性もある。ただ北朝鮮側は初会談後、実質的な非核化措置を一切取っていない。融和先行を懸念する声も出そうだ。(共同)

  • 南北軍事境界線がある板門店で対面するトランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(AP)
  • 板門店の北朝鮮側で握手するトランプ米大統領(中央左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=30日(AP)
  • 30日、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が板門店で対面したことを伝えるソウル駅のテレビ(共同)