2019.6.29 05:02

関係改善? トランプ米大統領とプーチン大統領が約1年ぶり会談

関係改善? トランプ米大統領とプーチン大統領が約1年ぶり会談

特集:
トランプ劇場
28日、大阪で会談した際に握手するロシアのプーチン大統領(左)と米国のトランプ大統領(ロイター)

28日、大阪で会談した際に握手するロシアのプーチン大統領(左)と米国のトランプ大統領(ロイター)【拡大】

 先進国と新興国の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が28日、大阪市で開幕した。G20サミットの日本開催は初めて。会議には37の国や地域、機関が参加した。

 トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領が、昨年7月以来約1年ぶりの会談に臨んだ。米ホワイトハウスによると、両首脳は核軍縮協議を継続することで合意。両首脳は「米ロ関係の改善は相互利益、世界の利益に資する」との認識で一致した。

 両国の関係は「冷戦後最悪」とされた。だが、来年の米大統領選に介入しないようプーチン氏に伝えるのかと米記者団に問われ、トランプ氏は「もちろん」とおどけ、「選挙に介入しないでくれ」とプーチン氏にくぎを刺すなど、軽妙なトークも飛び出した。