2019.6.29 14:37

本田翼、初共演の松坂桃李は「しゃべらなくても居心地がいい人」

本田翼、初共演の松坂桃李は「しゃべらなくても居心地がいい人」

映画「新聞記者」の公開記念舞台あいさつに出席した左から北村有起哉、岡山天音、シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、高橋和也、藤井道人監督=東京・新宿

映画「新聞記者」の公開記念舞台あいさつに出席した左から北村有起哉、岡山天音、シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、高橋和也、藤井道人監督=東京・新宿【拡大】

 俳優、松坂桃李(30)が29日、東京・新宿ピカデリーで行われた公開中の出演映画「新聞記者」(藤井道人監督)の記念舞台あいさつに出席した。

 同作は韓国の実力派女優、シム・ウンギョン(25)の日本初主演作。東京新聞・望月衣塑子記者の同名著書が原案で、権力の闇に迫る記者(ウンギョン)と、ニュースをコントロールしようとするエリート官僚(松坂)の葛藤を描く。

 松坂は劇中、本田翼(27)と夫婦役で初共演。本田は松坂の印象について「静かな方。落ち着いていて、しゃべらなくても平気な人で、居心地が良いです」とコメント。これにウンギョンも「私もそう思う。すごく良い俳優さんです」と同意すると、松坂が「あまりしゃべらなくて、すみません…」と恐縮していた。

 同作は賛否両論が分かれる衝撃作で、公開初日の28日には公式ホームページのサーバーがダウン。コメントが殺到したためとみられる。ウンギョンは「すごいですね。この映画を通して皆さんに何かを感じてほしい」と訴え、松坂も「熱量がすごい作品」と驚いていた。

 ほかに共演の岡山天音(25)、高橋和也(50)、北村有起哉(45)らが登壇した。