2019.6.27 20:08

市川由紀乃、ウエディングドレス姿を初披露

市川由紀乃、ウエディングドレス姿を初披露

おどけて結婚指輪を見せるポーズを取る市川由紀乃=東京・目黒区

おどけて結婚指輪を見せるポーズを取る市川由紀乃=東京・目黒区【拡大】

 新曲「雪恋華」がヒット中の歌手、市川由紀乃(43)が27日、東京・目黒区のノアスタジオ都立大で、7月5日に大阪・新歌舞伎座で開幕する初座長公演(18日まで)で着るウエディングドレス姿を初披露した。

 芝居と歌謡ショーの2本立てで、芝居は2013年11月に死去した歌手、島倉千代子さん(享年75)の生涯を描き、市川は島倉さんを演じる。島倉さんは元阪神タイガースの野手、藤本勝巳氏(81)と25歳のときに結婚(30歳で離婚)しており、ドレスは挙式シーンで着ることになる。

 独身の市川は「いつかは私も(実生活で)着てみたい」と満面の笑み。「私は吉本新喜劇が大好きで、(座長の)すっちーさんや島田一の介さんのファン。お二人のように面白くて一緒にいて楽しい男性にもらってほしい」と夢見ていた。

 舞台ではセーラー服姿の14歳中学生から亡くなる75歳まで演じ、「人生いろいろ」など島倉さんのヒット曲も10曲ほど歌う。「節回しも忠実にできるよう自分なりに練習しています」と島倉さんになりきる自信をのぞかせた。共演は最期を看取る病院の院長役などを演じる俳優、おりも政夫(65)ら。