2019.6.27 19:42

2700の処分を無期限謹慎に変更 スリムクラブと同じパーティーに参加

2700の処分を無期限謹慎に変更 スリムクラブと同じパーティーに参加

お笑いコンビ「2700」の八十島宏行(左)と常道裕史(吉本興業提供)

お笑いコンビ「2700」の八十島宏行(左)と常道裕史(吉本興業提供)【拡大】

 吉本興業は27日、大規模振り込め詐欺グループの忘年会に“闇営業”で出席し、当面の間活動を停止する処分を受けていた同事務所所属のお笑いコンビ、2700の八十島宏行(35)と常道裕史(36)への処分を「無期限謹慎処分」に変更する決定をしたと発表した。

 吉本興業によると2700の2人は3年ほど前、知人である他社所属の芸人を通じ飲食店オーナーの誕生日パーティーへの演芸提供を直接依頼され参加し、その対価として一定の金銭を受領したことが判明。2人は認識していなかったものの、このパーティーに反社会勢力が参加していたと判断し、今回の処分に至ったという。

 同じくこのパーティーに参加していたスリムクラブの真栄田賢(43)と内間政成(43)についても無期限謹慎処分が下されている。