2019.6.27 22:03

熱帯低気圧が台風に、東日本へ 通勤時間の首都圏大雨か

熱帯低気圧が台風に、東日本へ 通勤時間の首都圏大雨か

 高知県の室戸岬沖を進んでいた熱帯低気圧は27日午後6時に台風3号に変わり、四国沖から本州の太平洋側に向かった。28日朝には通勤・通学時間帯の首都圏に近づき、雷を伴った非常に激しい雨が降りそうだ。西日本や東日本、東北の広い範囲で大雨になる恐れがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒を呼び掛けた。強風や高波にも注意が必要だ。台風発生は令和になって初めて。気象庁によると、台風は27日午後9時現在、和歌山県の潮岬の南西約140キロの海上を時速50キロで北東に進んだ。中心気圧は998ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心の南東側280キロ以内と北西側110キロ以内は風速15メートル以上の強風域。28日午前9時には千葉県銚子市の東南東約80キロに達し、日本から離れる見込み。

 28日午後6時までの24時間予想雨量はいずれも多い地域で東海、近畿150ミリ、東北、関東甲信、四国120ミリ。28日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は関東、伊豆諸島18メートル(30メートル)、近畿、四国、東海18メートル(25メートル)。