2019.6.26 05:05(1/2ページ)

「アメトーーク!」「ロンドンハーツ」消滅危機…吉本芸人ら闇営業余波

「アメトーーク!」「ロンドンハーツ」消滅危機…吉本芸人ら闇営業余波

雨上がり決死隊・宮迫博之

雨上がり決死隊・宮迫博之【拡大】

 吉本興業の芸人が反社会的勢力の会合に“闇営業”で出席し、金銭を授受していた問題で、謹慎処分を受けた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が出演するテレビ朝日の冠番組が消滅する可能性が25日、浮上した。「アメトーーク!」など人気番組のスポンサー企業が事態を重く見ており、同局は誠意ある対応を迫られている。ロンブーの田村淳(45)はツイッターで「軽蔑する!」と相方に激怒した。

 テレ朝の看板番組に黄信号がともった。

 宮迫、亮ら芸人たちが大規模振り込め詐欺グループの忘年会に出席した闇営業問題で、彼らが金銭授受を認め、謹慎処分が下されたが、この動向を注視しているのが番組のスポンサー企業だ。

 発覚後、テレビ朝日系「アメトーーク!」(木曜後11・20)と「ロンドンハーツ」(火曜後11・20)のスポンサー数社はCMをACジャパンの広告に差し替えた。亮の処分を受けて、25日放送の「ロンハー」は亮の出演シーンを全てカットして放送したが、この日もCMの約3割はACジャパンに差し替えられ、もとに戻ることはなかった。

 両番組のスポンサーである某企業はサンケイスポーツの取材に「テレビ局がどういう対応をされるか未確定なので、確定次第、放映するか判断する」と説明。スポンサー自体を降りる可能性には「何とも言えないです」と言葉を選んでおり、深刻さが浮き彫りとなった。「アメトーーク!」の13日、20日放送回でCMを切り替えた三井住友銀行も「事態の詳細の把握に努め、必要に応じてしかるべき対応を検討させていただきたい」とコメントした。

 この日、テレ朝は収録済みの両番組について、「出演部分についてできる限り配慮し、再編集して放送する」と説明。宮迫や亮の降板の可能性については、あくまで「出演を見合わせている」と話すにとどめた。

【続きを読む】

  • ロンドンブーツ1号2号・田村亮