2019.6.25 05:02

間寛平「なると島田島ハーフマラソン」来てや!PR副隊長に福本愛菜

間寛平「なると島田島ハーフマラソン」来てや!PR副隊長に福本愛菜

「なると島田島ハーフマラソン」の会見に出席した左から福本愛菜、泉理彦鳴門市長、間寛平、月亭八光=大阪市内

「なると島田島ハーフマラソン」の会見に出席した左から福本愛菜、泉理彦鳴門市長、間寛平、月亭八光=大阪市内【拡大】

 タレント、間寛平(69)が24日、大阪市内で総合プロデュースを務める「なると島田島ハーフマラソン」(徳島・鳴門市、10月27日号砲)の開催概要発表会見に出席した。

 今年で3回目。美しい風景、最大標高差135メートルのハードなコースが特徴だが、「今回からは実行委員会が一生懸命おもてなしを考えてくれています」と寛平。

 地元高校生が主体になって地域活性化をはかる「高校生実行委員会」が結成され、会見でも鳴門高阿波踊り部の33人がパフォーマンス。大会当日はスタート会場でランナーを活気づけ、フィニッシュ会場でもランナーとともに踊り、大会を盛り上げる。

 昨年、お隣の徳島市の阿波踊りでは、参加者が一堂に会する「総踊り」をめぐって市など主催者と踊り手が対立する事態になった。今大会の“総踊り”に関して、PR隊長を務める月亭八光(42)は「もめ事はない!」とキッパリ。

 PR副隊長には福本愛菜(26)が就任。「去年初めて走ったのですが、フルマラソンを超えるくらいのしんどさ。味わったことのない高低差でしたが、その分達成感がありました」と笑顔で話した。

  • 「なると島田島ハーフマラソン」をPRする前列左から泉理彦鳴門市長、福本愛菜、間寛平、(1人飛ばして)月亭八光
  • 会見に出席した前列左4人目から福本愛菜、泉理彦鳴門市長、間寛平、月亭八光