2019.6.23 18:58

純烈が新曲イベントで10周年突入

純烈が新曲イベントで10周年突入

「純烈のハッピーバースデー」発売記念イベントに出演した左から酒井一圭、白川裕二郎、「天下一品」の木村勉会長、後上翔太、小田井涼平=大阪市内

「純烈のハッピーバースデー」発売記念イベントに出演した左から酒井一圭、白川裕二郎、「天下一品」の木村勉会長、後上翔太、小田井涼平=大阪市内【拡大】

 4人組男性歌謡グループ、純烈が23日、大阪・あべのキューズモールで新曲「純烈のハッピーバースデー」発売記念イベントを行った。2010年6月23日デビューで、この日から10周年イヤーに突入。親交のある人気ラーメン店「天下一品」の木村勉会長(84)も激励に駆けつけた。

 「こんなに早くカムバックするとは思っていなかった。日頃の行いが良く、この会場においでになっている方がいたからカムバックできた」

 木村会長は今年1月、女性トラブルにより脱退した元メンバー、友井雄亮氏(39)のスキャンダルで窮地に陥った4人をねぎらった。そしてメンバーに、所属事務所から最寄りの「天下一品渋谷店」のラーメン並1年間無料パスを贈呈する太っ腹を見せた。

 2年連続紅白歌合戦出場が純烈の目標。木村会長は「これだけのファンの方がおいでになるんやから心配いらん。ただ、日頃の行いから油断のないように」と温かくも厳しいエール。出場したあかつきには「純烈ラーメン? おもしろいな。おいしいの作るわ」と、特別メニュー製作を約束した。

 リーダーの酒井一圭(44)は「会長のこのスマイルですよ。これがお客さんを呼ぶんやなと。僕らも辛いこともあるんですけど、笑顔で乗り切っていこうじゃないかと会長から学ぶことは多いです」と感激。ミニライブでは1000人の観客を前に「プロポーズ」など3曲を披露した。

 MCで酒井は「メンバー脱退とか10年間いろいろありました。それまでの純烈はこんなにマスコミのカメラさんに来ていただけるグループじゃなくて、あの大騒動から何かあったら集まってくださった」とスキャンダルを乗り越えた道のりを振り返った。

 さらに「この前は白川(裕二郎)がウイルス性胃腸炎になって。ただの40歳過ぎのおっさんが下痢になっただけでマスコミのみなさんが集まってくださった」と話し、笑いを誘った。