2019.6.20 00:01

500万円詐欺疑い、自称映画プロデューサー逮捕「1年後一緒に暮らし幸せになるため」

500万円詐欺疑い、自称映画プロデューサー逮捕「1年後一緒に暮らし幸せになるため」

 愛知県警南署は19日、スマートフォンの婚活アプリで知り合った女性から現金500万円をだまし取ったとして、住所不定の自称映画プロデューサー光間賢一容疑者(56)を逮捕した。光間容疑者は矢野賢一と名乗り、映画製作をしていたという。

 逮捕容疑は昨年10月21日と11月7日、名古屋市中区のホテルで、同市南区の公務員の女性(49)に「映画のプロデュースや芸能の仕事などの事業を一緒にしてほしい。1年後一緒に暮らし幸せになるため」などとうそを言い、現金500万円をだまし取った疑い。

 南署によると、女性から「現金を渡した男と連絡が取れない」と3月28日に相談があった。