2019.6.20 05:00

処女小説大ヒットの乃木坂・高山一実、『先生』より「カズがいい」

処女小説大ヒットの乃木坂・高山一実、『先生』より「カズがいい」

特集:
乃木坂46
著書「トラペジウム」のトークイベントを行った高山一実

著書「トラペジウム」のトークイベントを行った高山一実【拡大】

 人気グループ、乃木坂46の高山一実(25)が19日、東京・六本木の文喫で初小説「トラペジウム」(KADOKAWA、1512円)のトークイベントを行った。

 昨年11月に発売した同著は20万部を突破し、今年上半期の「平成世代(0歳~30歳)が買った本」(日販WIN+調べ)で1位を獲得。予想外の大反響に「自分のことのような感じがしない。不思議な気持ちです」と笑顔。報道陣から「先生」と呼ばれると恐縮し、「ポップに呼んでほしい。(一実の)ズーとか。キングカズさんみたいにカズがいい」とはにかんだ。

  • 著書「トラペジウム」のトークイベントを行った高山一実
  • 著書「トラペジウム」のトークイベントを行った高山一実
  • 著書「トラペジウム」のトークイベントを行った高山一実
  • 著書「トラペジウム」のトークイベントを行った高山一実