2019.6.19 18:02

渋谷区、ハロウィーンと年越しは駅周辺での路上飲酒禁止 条例成立、罰則なし

渋谷区、ハロウィーンと年越しは駅周辺での路上飲酒禁止 条例成立、罰則なし

 秋のハロウィーンと年越しのカウントダウンの時期に限り、東京・渋谷駅周辺の路上や公園での飲酒を禁止する条例が19日、渋谷区議会の本会議で可決、成立した。施行は20日。飲食店業者に酒類全般の販売自粛を求めたほか、音響機器で大きな音を出したり、街灯に上ったりする迷惑行為も禁じたが、罰則規定は盛り込まれなかった。

 長谷部健区長は「不本意な形でハロウィーンなどの時期に社会の関心を集め、条例制定に至ったのは残念。本来はマナーや道徳の中で解決されるべき問題だ」とのコメントを発表。「一部の心ない人たちの迷惑行為や犯罪行為が強く懸念される以上、条例の理念の浸透を図り、区の責務を果たしていく」としている。

 渋谷駅周辺では例年、仮装した多くの若者がハロウィーン当日や直前に訪れ、騒動が深刻化。昨年は逮捕者も出た。区が設置した対策検討会が5月、規制付きの条例制定を求めた中間報告を公表していた。