2019.6.19 20:06

小林幸子「恐怖で悲鳴も上げられなかった」公演先の山形県内で地震

小林幸子「恐怖で悲鳴も上げられなかった」公演先の山形県内で地震

公演先の山形県内で震度6弱の地震に遭遇した演歌歌手、小林幸子は帰京してその恐怖を語った=19日、東京・羽田空港

公演先の山形県内で震度6弱の地震に遭遇した演歌歌手、小林幸子は帰京してその恐怖を語った=19日、東京・羽田空港【拡大】

 18日夜に新潟県、山形県を襲った最大震度6強の強い地震で、公演先の山形県内で地震に遭った歌手、小林幸子(65)が19日、帰京。羽田空港で取材に応じ、生々しい恐怖を語った。

 「こんなに(大きな地震に)直撃されたのは初めて。突然、ドカーンと縦揺れが来て。どうしたらいいか分からなくてクローゼットの中に入ったら、今度は横揺れがずっと続いて。恐怖で悲鳴も上げられなかった」

 18日は山形県酒田市でコンサートを終えた後に鶴岡市内のホテルへ移動。5階の部屋で食事を終えた後に震度6弱の強い揺れに襲われた。ホテルの駐車場にも1時間ほど避難したが、本当の恐怖に襲われたのは、避難が解除されて部屋に戻った後だったという。「余震が来るという情報があり、また起きるんじゃないかとずっと脈拍が(早かった)。こうしてトラウマになるんだなあと感じた。パジャマも着ないで、すぐに出られるような格好で寝ました」。

 新潟市出身で、2004年の新潟県中越地震で大きな被害を受けた同長岡市山古志地域(旧・山古志村)の復興支援を今も続ける。「本当に複雑です。何回もこういう目に遭ってきた故郷の皆を思うと、すごく辛い。これ以上被害が拡大しないように願っています」と目を潤ませた。