2019.6.19 16:53

NHK、ピエール瀧被告への損害賠償請求は「ある程度めどがついた段階で検討」

NHK、ピエール瀧被告への損害賠償請求は「ある程度めどがついた段階で検討」

 テクノバンド、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が、麻薬取締法違反で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けて一夜明けた19日、木田幸紀NHK放送総局長は定例会見の席上、瀧被告の途中降板で撮り直しを余儀なくされた大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」をめぐる損害賠償請求について言及。「今後の放送対応が優先だが、ある程度めどがついた段階で(瀧被告サイドに)何らかの賠償を検討したい」と改めて明言した。