2019.6.18 20:41

宝塚星組トップスター、紅ゆずるが退団公演へ抱負

宝塚星組トップスター、紅ゆずるが退団公演へ抱負

宝塚歌劇団星組公演「GOD OF STARS-食聖-」の取材会を行った紅ゆずる=宝塚市内

宝塚歌劇団星組公演「GOD OF STARS-食聖-」の取材会を行った紅ゆずる=宝塚市内【拡大】

 宝塚歌劇団星組トップスター、紅(くれない)ゆずるが18日、兵庫・宝塚市内でサヨナラ公演「GOD OF STARS-食聖-」「エクレール ブリアン」(7月12日~8月19日、兵庫・宝塚大劇場)の取材会を行った。

 2016年11月にトップに就任し、大劇場5作目の本作をもって退団すると表明。10月13日の東京宝塚劇場公演千秋楽でトップ娘役の綺咲愛里(きさき・あいり)とともに退団する。

 「全然涙なんてないです。最後は出演者全員が舞台にいる感じで、にぎやかに終わる方が自分らしいと思う」

 傲慢な上海の三つ星天才料理人、ホンを演じ、現代のアジアを舞台にしたクッキング・コメディーが最後の舞台。自身のファン時代の経験から、「退団公演ってこの世の終わりのような空気になる。ショーまでの休憩を『楽しかった』と言って過ごしてほしい」との思いを込めた、明るいラストとなりそうだ。

 改めて宝塚生活18年を振り返ると「同期もほとんどいなくなり、組の同期は10年目の時点でいなかった。自分のあきらめが悪くて良かったなと思いますね」。トップスターとしての感慨をすがすがしく語った。

  • 宝塚歌劇団星組公演「GODOFSTARS-食聖-」の取材会を行った紅ゆずる=宝塚市内