2019.6.18 18:03

RG、“なりきりアラジン”の衣装に扮して登場「アラジンじゃなく、アールジン」

RG、“なりきりアラジン”の衣装に扮して登場「アラジンじゃなく、アールジン」

米映画「アラジン」の大ヒット記念イベントに参加した前列左から中村倫也、木下晴香、北村一輝、後列左から尼神インター・誠子、北陽・虻川美穂子、レイザーラモンRG、尼神インター・渚=東京・有楽町

米映画「アラジン」の大ヒット記念イベントに参加した前列左から中村倫也、木下晴香、北村一輝、後列左から尼神インター・誠子、北陽・虻川美穂子、レイザーラモンRG、尼神インター・渚=東京・有楽町【拡大】

 俳優、中村倫也(32)と女優、木下晴香(20)が18日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日比谷で行われた米映画「アラジン」の大ヒット記念イベントに参加した。

 同名ディズニー映画の初実写化で、今月7日に公開され、18日までで興行収入38億円、265万人を突破する爆発的なヒット。日本語吹替え版で主人公の青年アラジンを務めた中村は「作品としての力が強い」と太鼓判、木下は「壮大な世界観と名曲の数々を感じてほしい」と笑顔で呼びかけた。

 この日はレイザーラモンRG(45)が途中で“なりきりアラジン”の衣装に扮して登場するなど、お笑いタレント4人が乱入。RGは「僕はアラジンじゃなく、アールジンだ」と苦しいだじゃれで自己紹介した。

 さらに、全員で主題歌「ホール・ニュー・ワールド」を歌った後、RGが独唱で「ジーニー(ランプの魔人)がしゃべるとき、めちゃ両手、動かしがち」と替え歌で得意の“あるあるネタ”を披露。ドヤ顔で会場を爆笑に包み、中村も「そこ、注目ですよ」とノリノリだった。