2019.6.16 05:02(1/2ページ)

悪の巡査長逮捕 振り込め詐欺対応一転1180万円詐取

悪の巡査長逮捕 振り込め詐欺対応一転1180万円詐取

警察官に任意同行を求められ、自宅を出る高橋容疑者=京都市中京区 (撮影・秋山紀浩)

警察官に任意同行を求められ、自宅を出る高橋容疑者=京都市中京区 (撮影・秋山紀浩)【拡大】

 頼みの警察官が、捜査情報を悪用-。京都府警は15日、特殊詐欺被害防止のために対応した高齢男性から現金計1180万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで山科署の巡査長、高橋龍嗣容疑者(38)=京都市中京区=を逮捕した。昨年11月、男性が京都市内で高額の現金を引き出そうとした際、特殊詐欺を疑った金融機関からの通報を受け対応。知り得た情報をもとに現金をだまし取ったとみられる。今年4月、男性が府警に相談して発覚した。

 振り込め詐欺の対策に駆けつけた現職警察官が現金をだまし取る-。特殊詐欺被害の防止へ躍起となる警察への信頼を失墜させかねない、悪質な不祥事が明るみに出た。

 京都府警が詐欺の疑いで逮捕したのは山科署の巡査長、高橋容疑者。逮捕容疑は昨年11月、「現金を預かって保管する」などと嘘を言い、京都市伏見区の無職男性(78)から2度にわたり、現金500万円と680万円の計1180万円をだまし取った疑い。

 捜査関係者によると、高橋容疑者は当時、伏見署管内の交番で勤務。昨年11月8日、男性が寄付のために高額の現金を下ろそうと金融機関を訪れた際、特殊詐欺被害を心配した金融機関側が通報し、駆けつけた同容疑者と巡査部長が対応した。

 現場で男性の資産状況を把握した同容疑者は、男性が「自宅にも500万円ある」と話したため、そのまま自宅に同行。「多額の現金を持っていたら危ない」とし、巡査部長が場を外した隙にだまし取ったとみられる。同月中旬には、「預かって調べます」と男性に現金を下ろすよう促し、さらに金融機関に男性が行くことを事前連絡。詐欺事件ではないと認識させていた。

【続きを読む】