2019.6.15 05:03

志尊淳、初ヌードも人間ドラマも見て!主演ドラマ「潤一」7・13スタート

志尊淳、初ヌードも人間ドラマも見て!主演ドラマ「潤一」7・13スタート

1週間限定の上映が始まり、喜びにわく左から広瀬奈々子監督、伊藤、原田、藤井、志尊、夏帆、蒔田、北原栄治監督=東京・有楽町

1週間限定の上映が始まり、喜びにわく左から広瀬奈々子監督、伊藤、原田、藤井、志尊、夏帆、蒔田、北原栄治監督=東京・有楽町【拡大】

 俳優、志尊淳(24)が14日、BS放送・日本映画専門チャンネルで7月13日にスタートする主演ドラマ「潤一」(土曜後11・0、全6回)の劇場公開記念イベントを東京・丸の内ピカデリーで行った。

 同作は直木賞作家、井上荒野氏(58)の同名小説が原作。謎めいた魅力を持つ青年・潤一が、孤独を抱える16~62歳の女性6人と刹那的な恋愛を繰り広げる。4月に仏カンヌで開催された国際ドラマの祭典「カンヌシリーズ」で公式上映され、志尊らも現地入りして話題となった。

 今回は映画「万引き家族」で第71回カンヌ国際映画祭の最高賞・パルムドールを獲得した是枝裕和監督(57)らが設立した制作者集団・分福が企画。

 志尊は劇中、少ないせりふで主人公の心情を表現。自身初のヌードに挑戦し、「官能的な部分が注目されていますが、人間ドラマを見てほしい」と力を込めた。

 妊婦役で出演する藤井美菜(30)は、志尊について「若いのにしっかりしている」と絶賛。夏帆(27)は、志尊との濡れ場について「現場で『はじめまして』とあいさつしてすぐに…」と赤面し、原田美枝子(60)は志尊の背中に体を寄せて自転車で2人乗りをしたシーンを振り返り、「幸せで、このままずっと続けばよいと思った」とほほえんだ。

 ほかに蒔田彩珠(16)、伊藤万理華(23)も登壇。同作は14日から丸の内ピカデリーで1週間限定で上映される。

  • 映画「潤一」の舞台あいさつに出席した志尊淳