2019.6.15 05:02

カナブーン・飯田、いまだ音信不通…前日までメンバーと「他愛ない話」

カナブーン・飯田、いまだ音信不通…前日までメンバーと「他愛ない話」

KANA-BOONの飯田祐馬

KANA-BOONの飯田祐馬【拡大】

 4人組ロックバンド、KANA-BOONのベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(28)が5日から音信不通となり、家族が警察に捜索願を出していることが発表されてから一夜明けた14日、他のメンバー3人が胸中をサイトで告白した。

 メンバーのボーカル、谷口鮪(まぐろ、29)らがメッセージを掲載し、「日頃、僕達を、僕達の音楽を好きでいてくれるみなさんに、多大な心配をかけてしまったこと、とても申し訳なく思っています」と謝罪。13日のサイトで発表されたとおり、所属事務所と関係者はあらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしているが、14日も連絡が取れない状態が続いた。

 また、音信不通となる前日4日の飯田の様子について、谷口は「バンドのこれからについての真面目な話や、他愛ないくだらない話をしていました」と証言。「事故に遭ったのではないか、なにかトラブルに巻き込まれたのではないか、という可能性も頭をよぎってしまいます。メンバーとして、友達として、とても心配です。ただただ無事を祈るばかりです」と苦悩をつづった。

 15日に東京・青海のZeppダイバーシティで予定していたデビュー5周年を締めくくる企画ライブは中止。また、この日は、失踪前の先月20日に収録された大阪のローカルラジオ番組が放送され、飯田は「説得力のある音がいっぱい出せるようになってきた」と充実感をにじませていた。

 飯田といえば、2017年2月、既婚の身であることを隠し、15年6月から16年1月まで女優、清水富美加(現・千眼美子、24)と不倫関係にあったことをサイトで謝罪。14年4月に結婚した一般女性の妻とは離婚していないが、今回の失踪の背景に一体何があったのか。ネットでも心配する声があふれている。