2019.6.14 13:16

ゆうちょ銀行、顧客情報紛失 書類5000枚を誤廃棄か

ゆうちょ銀行、顧客情報紛失 書類5000枚を誤廃棄か

 ゆうちょ銀行は14日、住所や氏名など顧客の個人情報が記録された書類約5000枚を紛失したと発表した。誤って廃棄したとみられ、外部への情報流出の恐れは「極めて低い」と説明している。

 なくなったのは「振替払い出し書」と「振替払い出し証書」。昨年11月7、8日に東京都内のゆうちょ銀の直営店や郵便局で処理した分の一部で、同9日に東京貯金事務センターで受け入れていた。

 担当者が今年5月下旬、これらの書類を入れた保存箱の紛失に気付いた。ゆうちょ銀は「情報管理を強化し、再発防止に努める」としている。