2019.6.14 05:02(1/2ページ)

日本タンカーに砲弾2発直撃 政府衝撃!安倍首相イラン訪問中

日本タンカーに砲弾2発直撃 政府衝撃!安倍首相イラン訪問中

ホルムズ海峡で攻撃されたとみられる国華産業のタンカー(Marine Trafficのホームページから)

ホルムズ海峡で攻撃されたとみられる国華産業のタンカー(Marine Trafficのホームページから)【拡大】

 イラン沖のホルムズ海峡近くで13日朝(日本時間同日昼)、東京都内の海運会社「国華産業」が運航するタンカーが砲撃を受け、火災が発生した。乗組員21人は救命艇で避難し全員無事だった。日本人は乗船していなかった。安倍晋三首相がイラン訪問中に発生し、日本政府などは確認作業を急いでいるが、何者による攻撃なのかは不明。イラン政府は関与を否定した。

 国華産業などによると、同社が運航していたタンカーは「KOKUKA COURAGEOUS」(パナマ船籍、1万9349トン)。ホルムズ海峡近くのイランとアラブ首長国連邦(UAE)の間のフジャイラ沖合で13日午前6時45分(同午前11時45分)頃、砲弾による攻撃を左舷後方に受けた。

 船は大きく揺れ、船体外板に砲弾が貫通したような跡があった。エンジンルームから出火したが乗組員が消火。だが3時間後に再び左舷中央の甲板に着弾し、乗組員が全員退避したため漂流中。

 乗組員はフィリピン人21人で、救命艇で避難。米海軍の艦船に乗り中東の港に向かった。タンカーは同社のパナマにある子会社が借り、サウジアラビアでメタノール約2万5000トンを積み、シンガポールに向かう途中だった。国華産業は、乗組員の1人が軽傷を負ったと明らかにした。

 台湾の石油大手、台湾中油のタンカーもホルムズ海峡近くで攻撃を受けた。同社によると、タンカーはナフサ7万5000トンを積んでおり、UAEから台湾の高雄へ向かう途中だった。乗組員は23人全員が無事だった。

 また、国営イラン通信はオマーン湾で13日朝、タンカー2隻の火災が発生し、乗員計44人が救助されたと報じた。

 イランを巡っては、トランプ米政権やサウジとの対立激化で緊張が高まっており、安倍首相が仲介のため訪問。13日は最高指導者ハメネイ師と首都テヘランで会談した。産油国に囲まれたホルムズ海峡はエネルギー供給の大動脈で、これまでも中東の緊張が高まるとタンカー攻撃があり、米国などが「イラン関与説」を主張してきた。

 一報を受けた安倍首相は、情報収集と乗組員の安全確保に万全を期すよう指示した。世耕弘成経済産業相は「現時点で日本のエネルギー供給に問題はない」としたが、ニューヨークの先物相場では原油価格が高騰した。

【続きを読む】