2019.6.14 05:00

元巨人ドラ1、損失補填疑いで聴取 投手で1979年入団

元巨人ドラ1、損失補填疑いで聴取 投手で1979年入団

 東郷証券(東京都港区)が、複数の顧客に対し外国為替証拠金取引(FX)で生じた損失を補填(ほてん)した疑いがあるとして、東京地検特捜部が金融商品取引法違反(損失補填等の禁止)の疑いで、実質経営者の男性(57)ら同社幹部を事情聴取したことが13日、関係者への取材で分かった。特捜部は立件に向けて詰めの捜査を進めているもようだ。

 男性は元プロ野球選手で、1979年に投手としてドラフト1位で巨人に入団。85年の現役引退後は証券業界に転身。特捜部は東郷証券の実質的な経営者で、損失補填を主導したとみている。