2019.6.14 12:38

SHEILA、くも膜下出血で緊急手術 事務所「経過良好」

SHEILA、くも膜下出血で緊急手術 事務所「経過良好」

SHEILA

SHEILA【拡大】

 日本とキューバのハーフタレント、SHEILA(46)がくも膜下出血で緊急手術を受けたことが14日、わかった。所属事務所であるホリプロが発表した。

 ホリプロによると、SHEILAは5月31日昼頃、食事中に体調を崩し、東京都内の病院に緊急搬送。「くも膜下出血」と診断され、緊急手術を受けたという。

 その後は「幸い、搬送、手術までが速やかに運び、術後の経過も良好で意識もあり、コミュニケーションも取れていて、現在は回復に向けてリハビリを開始しております」とし、しばらくは療養に専念するという。