2019.6.13 05:03(1/2ページ)

女性眼科医撲殺で山形大生・加藤紘貴容疑者を逮捕 犯人追い詰めた防犯カメラ“リレー”解析

女性眼科医撲殺で山形大生・加藤紘貴容疑者を逮捕 犯人追い詰めた防犯カメラ“リレー”解析

特集:
わいせつ事件簿
殺害された矢口智恵美さんの自宅マンションにはブルーシートが張られている

殺害された矢口智恵美さんの自宅マンションにはブルーシートが張られている【拡大】

 山形県東根市の眼科医、矢口智恵美さん(50)が自宅マンションで殺害された事件で、山形県警村山署捜査本部は12日、殺人などの疑いで山形大人文学部4年の加藤紘貴容疑者(23)=山形市=を逮捕した。捜査本部によると、現場付近の防犯カメラの分析や聞き込みから同容疑者が捜査線上に浮上。2人の間に接点は確認されておらず、動機や詳しい経緯を調べている。

 逮捕の決め手は防犯カメラ。捜査の必需品がまた威力を発揮した。

 逮捕容疑は5月19日早朝、矢口さんの部屋に侵入し、鈍器で頭を多数回殴打し、頭蓋内損傷で殺害した疑い。捜査本部は認否について「差し控える」とし、12日夜、容疑者宅を調べ段ボール箱数個分を押収した。

 矢口さんは、山形新幹線の停車駅でもあるJRさくらんぼ東根駅前のマンション2階で一人暮らし。事件前日の5月18日、院長を務めていた山形県村山市の矢口眼科クリニック(同月末で閉院)で勤務し、夜にスタッフの歓迎会に出席。その後、午後10時45分頃、女性職員と電話で会話した。

 翌19日は休診日。夕方に訪問してきた福島県郡山市に住む40代の弟が矢口さんの遺体を見つけ、110番した。衣服は身につけており、室内には大量の血痕が。凶器とみられる血の付いたゴルフのパターが落ちていた。

 捜査関係者によると、19日早朝、黒っぽい服装の不審者が2~3度、矢口さんの部屋を出入りする様子が付近の防犯カメラに。さくらんぼ東根駅方向に立ち去る姿も写っていた。

【続きを読む】