2019.6.13 13:06

「ナッツ姫」に有罪判決 大韓航空機で密輸の罪

「ナッツ姫」に有罪判決 大韓航空機で密輸の罪

 韓国西部の仁川地裁は13日、大韓航空機などを使い密輸入を繰り返したとして、関税法違反の罪に問われた大韓航空元副社長の趙顕娥被告に対し、懲役8月、執行猶予2年の有罪判決を言い渡した。

 趙被告は、2014年に機内で乗務員のナッツの出し方に怒り離陸を遅らせた事件でも、執行猶予付き有罪判決が確定している。

 韓国検察が今年2月、海外で購入した高級ブランド品などを密輸入したとして在宅起訴していた。仁川地裁は「大部分は日常で使う生活用品だった」とし、悪質性は低いと判断した。

 同罪で一緒に在宅起訴された母親の李明姫被告にも懲役6月、執行猶予1年の有罪判決を言い渡した。(共同)