2019.6.12 14:03

女性医師殺害容疑で山形大生の23歳男逮捕

女性医師殺害容疑で山形大生の23歳男逮捕

 山形県東根市の医師矢口智恵美さん(50)が自宅マンションで殺害された事件で、県警村山署捜査本部は12日、殺人と住居侵入の疑いで山形市の男(23)を逮捕した。捜査関係者によると、容疑者は山形大生。捜査本部は記者会見したが「認否は差し控える」とした。動機や経緯を調べる。

 逮捕容疑は5月19日早朝、矢口さんの部屋に侵入し、頭を多数回殴打し、頭蓋骨内損傷で死亡させた疑い。現場に血の付いたパターが落ちていた。

 福島県郡山市に住む矢口さんの40代の弟が5月19日夕方にマンションを訪れ遺体を発見、110番した。19日早朝には、2度にわたり部屋を出入りする不審な人物が付近の防犯カメラに写っていた。

 矢口さんが院長を務めていた山形県村山市の矢口眼科クリニック(5月末で閉院)によると、矢口さんは同18日は出勤し同日夜、スタッフの歓迎会に出席後に帰宅。午後10時45分ごろ、女性職員と電話で会話した。19日は休診だった。