2019.6.12 10:21

都HPに「虐待推進キャラ」 「防止」の文字脱落で担当者「あってはならないミス」

都HPに「虐待推進キャラ」 「防止」の文字脱落で担当者「あってはならないミス」

東京都の児童虐待防止を呼び掛けるホームページ。修正前はキャラクター説明が「東京都児童虐待推進キャラクター」と「防止」の文字が抜けていた

東京都の児童虐待防止を呼び掛けるホームページ。修正前はキャラクター説明が「東京都児童虐待推進キャラクター」と「防止」の文字が抜けていた【拡大】

 東京都が児童虐待防止を呼び掛けるホームページのキャラクターの説明で「防止」の2文字が脱落し、「児童虐待推進キャラクター」と誤って表記されていたことが12日、都への取材で分かった。既に修正されている。

 ホームページは、巻き貝がモチーフの「OSEKKAIくん」が虐待防止を訴える内容で、トップページの説明が間違っていた。

 都によると、外部の業者に委託して4月10日ごろにサイトをリニューアルした際に間違ったとみられ、担当者のチェックが不十分で気付かなかったという。

 11日午後に都民から指摘があり、同日夜に修正したが、インターネット上では「虐待推進はいかんだろ」「意味が逆」などと批判が相次いだ。

 都福祉保健局の担当者は「児童虐待防止を推進する立場として、あってはならないミス。再発防止を徹底し、引き続き虐待防止の普及と啓発に取り組む」と話した。