2019.6.10 05:04(2/2ページ)

山口智子、月9に帰ってくる!96年「ロングバケーション」以来23年ぶり

山口智子、月9に帰ってくる!96年「ロングバケーション」以来23年ぶり

フジテレビ系「監察医 朝顔」に出演する山口智子が演じる原作キャラ

フジテレビ系「監察医 朝顔」に出演する山口智子が演じる原作キャラ【拡大】

 山口は主人公が勤める大学の法医学の権威で主任教授の夏目茶子(ちゃこ)を演じ、連ドラでは医師役に初挑戦。

 法医学者の話を聞くなど入念に役作りを重ね、ビジュアルも原作のイメージに合わせて髪を10センチ以上切り、マッシュボブに変身した。制作側は「『まさしく茶子先生!』と声が出そうになるくらい丁寧にキャラクターを作り上げてくださっています」とハマり役を強調した。

 山口は現在、NHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・0)でヒロイン(広瀬すず)の居候先のおでん店の女将で伝説のダンサーを好演。朝ドラ同様、月9でも主人公の成長を見守る役どころだ。

 上野については出演作のイメージから「自分の心に正直な芯の強さをお持ちの方だなと思いました」と語り、待望の初共演に胸を躍らせている。

 「太陽のように生命力の象徴のような茶子像を目指します。自分自身の人生を、責任を持って味わい謳歌して、若者たちを力強く先導していける先輩でありたい」と“茶子”らしく宣言した。

★共演陣と“化学反応”も

 すでに発表されているキャストも豪華な面々だ。主人公の恋人で新米刑事役は風間俊介(35)、法医学教室でアルバイトをする医学部生役は志田未来(26)、主人公の同僚の検査技師役は中尾明慶(30)、ベテラン法医学者役は板尾創路(55)が演じる。実力派たちの“化学反応”で監察医が主役の異色な月9を盛り上げる。

  • ジャージー&キュロットに白衣を羽織る個性的な医師を演じる山口。役作りでショートヘアになり、23年ぶりの月9に気合十分だ
  • フジテレビ系「監察医朝顔」に出演する山口智子