2019.6.9 14:49

松本人志、ノーギャラでの“闇営業”「正直言うと、ないと思う」

松本人志、ノーギャラでの“闇営業”「正直言うと、ないと思う」

松本人志

松本人志【拡大】

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(55)が9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。振り込め詐欺グループの忘年会に参加して“闇営業”をしたと報じられたお笑いコンビ、カラテカの入江慎也(42)と、その場にいた芸人たちが「ギャラはもらっていない」と発言していることに、私見を述べた。

 入江は一部週刊誌で、14年12月に行われた振り込め詐欺グループの忘年会で、お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら所属芸人に参加を促す仲介役になったことが報じられた。“闇営業”の場にいた宮迫がツイッターで謝罪した際に「ギャラはもらっていない」、お笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)は「お金(ギャラ)を受け取ってなかった」とツイートした。

 番組ではこの話題を取り上げ、「お金をもらわずして忘年会に出るというのかあるのか?」という質問が飛ぶと、松本は「正直言うと、僕(の考え)はですよ、ないと思いますね。なんらかんらお金は出てると思うし。それがどういう風に分配されたのか。それはちょっとわからないね」と首を傾げた。

 また「ただ、宮迫でいうと別にお金どうこうじゃなくて入江に頼まれて、パッと顔出したんだろうなっていうのは推測できます」とした上で、「でも、実際お金が出ずにあれだけのパーティーというか、サービスをするというのはないと思う」と語った。「自身が誘われたら?」という質問には「入江から連絡があって『ちょっと顔を出してください』と言われたら(行く可能性は)ありますね。お金はもらわないとだろうけど」と話した。