2019.6.7 19:30

田口淳之介被告が“土下座”保釈 芸能活動は休止

田口淳之介被告が“土下座”保釈 芸能活動は休止

保釈され、土下座して謝罪する田口淳之介被告=東京・青海(撮影・中井誠)

保釈され、土下座して謝罪する田口淳之介被告=東京・青海(撮影・中井誠)【拡大】

 元女優、小嶺麗奈被告(38)とともに大麻取締法違反(所持)の罪で起訴されたアイドルグループ、KAT-TUNの元メンバーで歌手、田口淳之介被告(33)が7日、保釈保証金300万円を納付し、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。

 午後7時過ぎ、黒のスーツ姿で報道陣らの前に姿を現した田口被告は、神妙な表情で「この度は私が起こしました事件で皆様にご心配をおかけし、誠に申し訳ございません」と深々と頭を下げて謝罪。「しばらくの間、芸能活動は休止させていただきます」とした。最後に、約20秒間にわたって土下座で謝罪。目にうっすらと涙を浮かべ、車で同署を後にした。

 小嶺被告もこの日、保釈保証金300万円を納付。田口被告より先に同署から保釈された。

 証拠隠滅などを防ぐため、2人は東京地裁から当面、別々の場所で生活することを義務づけられ、裁判は別々に審理される見込み。

 2人はこれまでの調べに容疑を認め、田口被告は「約10年前から大麻を使ってきた」と供述している。

 起訴状によると、2人は5月22日、一緒に住んでいた東京・世田谷区のマンションで乾燥大麻約2・2グラムを所持したとしている。

  • 保釈された田口淳之介被告=東京・青海(撮影・中井誠)
  • 保釈され、一礼する田口淳之介被告=東京・青海(撮影・中井誠)
  • 保釈され、謝罪する田口淳之介被告=東京・青海(撮影・中井誠)
  • 保釈され、謝罪する田口淳之介被告=東京・青海(撮影・中井誠)
  • 保釈され、謝罪する田口淳之介被告=東京・青海(撮影・中井誠)
  • 保釈され、土下座して謝罪する田口淳之介被告=東京・青海(撮影・中井誠)
  • 保釈され、土下座して謝罪する田口淳之介被告=東京・青海(撮影・中井誠)
  • 保釈され、土下座する田口淳之介被告=東京・青海(撮影・中井誠)