2019.6.6 05:03(1/2ページ)

ピエール瀧被告に初公判で懲役1年6月求刑 現在「無職」電気グルーヴ継続希望

ピエール瀧被告に初公判で懲役1年6月求刑 現在「無職」電気グルーヴ継続希望

両手を組み、落ち着いた様子で初公判に臨んだ瀧被告。家族を養うためにも更生を誓った(イラストと構成・勝山展年)

両手を組み、落ち着いた様子で初公判に臨んだ瀧被告。家族を養うためにも更生を誓った(イラストと構成・勝山展年)【拡大】

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴されたテクノバンド、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)の初公判が5日、東京地裁で開かれた。起訴事実を全面的に認め、「他にストレス解消の手段がなかった。心の甘えがあった」とざんげ。現在は無職だが、今後の音楽活動について「バンドで足並みそろえてやっていけたら」と継続を希望した。検察側は懲役1年6月を求刑。18日に判決が言い渡される。

 保釈時同様、黒スーツ姿で入廷した瀧被告。傍聴席に知人を見つけると「こんにちは」と口だけ動かし、笑顔で会釈。ペタッとしていた七三分けは短く切りそろえられ、髪形だけでなく表情も“スッキリ”していた。

 証言台の前に立った瀧被告は、小野裕信裁判官から職業を聞かれると「ミュージシャンをやっておりましたが、事務所を解雇されていますので無職と言えるかもしれません」と早口で回答。起訴事実について「間違いありません」と認めた。

 20代からコカインを使用。やめられなかった理由は「ストレスを解消する手段が他になかったことと、心の甘さ。そしてそういうモノを手に入れられる環境にあった」と説明。ストレスを「心にたまるおり」と表現し、降板したNHK大河ドラマ「いだてん」をはじめ、近年は役者として多忙なことから「時間的、精神的に圧迫された」と証言した。

【続きを読む】

  • 4月4日の保釈時には、髪を七三に分けて25秒間頭を下げた
  • 東京地裁に入るピエール瀧被告を乗せたとみられる車両=東京都千代田区(撮影・桐原正道)
  • 東京地裁に入るピエール瀧被告を乗せたとみられる車両=東京都千代田区(撮影・桐原正道)