2019.6.6 05:02

田口淳之介、小嶺麗奈両被告が大麻所持で起訴…保釈6日以降可否判断

田口淳之介、小嶺麗奈両被告が大麻所持で起訴…保釈6日以降可否判断

逮捕された元KAT-TUN田口淳之介容疑者=5月22日午後、東京都千代田区(撮影・納冨康)

逮捕された元KAT-TUN田口淳之介容疑者=5月22日午後、東京都千代田区(撮影・納冨康)【拡大】

 東京地検は5日、大麻取締法違反(所持)の罪で、アイドルグループ、KAT-TUNの元メンバーで歌手、田口淳之介容疑者(33)と元女優、小嶺麗奈容疑者(38)を起訴した。

 小嶺被告の弁護人は同日、東京地裁に保釈を請求。2人が勾留されている警視庁東京湾岸署には多数の報道陣が詰めかけたが、この日は保釈されなかった。地裁は6日以降に可否を判断する。

 また、捜査関係者によると、小嶺被告は逮捕当初の調べに「大麻は自分だけのもの」と説明していたが、その後、田口被告と同様に「2人のものだった」と供述していたことも判明した。

 起訴状によると、2人は先月22日、一緒に住んでいた東京・世田谷区のマンションで乾燥大麻約2・2グラムを所持したとしている。弁護士法人・響の西川研一代表弁護士は2人の量刑について「初犯であれば、求刑は懲役1年6月から2年の間で、判決では執行猶予3年がつくのでは」と予測した。

  • 小嶺麗奈容疑者=5月22日午後、東京都千代田区(撮影・納冨康)