2019.6.6 20:00

EXILE・AKIRA、台湾のトップ女優リン・チーリンと電撃婚

EXILE・AKIRA、台湾のトップ女優リン・チーリンと電撃婚

特集:
EXILE
結婚を発表したAKIRAとリン・チーリン

結婚を発表したAKIRAとリン・チーリン【拡大】

 人気グループ、EXILEのパフォーマー、AKIRA(37)と台湾の人気女優、リン・チーリン(44)が6日に国際結婚したことを双方の所属事務所を通じて発表した。

 この日夜、2人は日本と台湾のマスコミ各社にファクスを送り、結婚を報告。同日はAKIRAがEXILEに加入した記念日で、AKIRAは「長い間、親しい友人としてお付き合いをしていくなかでお互いに惹かれ合い、人生のパートナーとして共に歩んでいきたいと強く思い、昨年から交際に至り、これまで2人の仲を深め、向き合ってきました」と説明。

 ジューンブライドとなったチーリンも中国語の書面で「時間を重ねるごとに二人の絆が芽生え、昨年から結婚を前提にお付き合いしてまいりました」と明かした。

 2人は2011年の舞台「レッドクリフ~愛~」の共演で出会い、友人として親交を深める中で昨年末に急接近。約半年の交際を実らせた。

 AKIRAの所属事務所によると、この日、2人は台湾で結婚の手続きを済ませた後、東京都内の区役所に婚姻届を提出した。同居は互いに活動場所が違うため、臨機応変に決めていく意向で、チーリンは妊娠していないという。

 AKIRAは06年にEXILEに加入し、09年にEXILEとして天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典で奉祝曲「太陽の国」を熱演。08年には俳優活動を始め、12年のフジテレビ系主演ドラマ「GTO」や16年の出演映画「たたら侍」は中華圏でも人気に。17年に米映画「沈黙-サイレンス-」でハリウッドデビューするなどワールドワイドに活躍中だ。

 一方のチーリンはカナダ・トロント大卒で台湾語、北京語、広東語、英語、日本語を操る才女。02年からモデルとして活躍し、08年に映画「レッドクリフ」で女優デビュー。日本では10年にフジテレビ系「月の恋人~Moon Lovers~」で俳優、木村拓哉(46)の相手役を演じて知名度が急上昇した。

 この日、AKIRAは公式サイトでも報告。チーリンについて「どんな時も、ありのままの僕を笑顔で受け入れてくれる」と紹介。「これまで以上に自覚と責任を持って芸道に精進してまいります」と決意表明した。

AKIRA本名・黒澤良平(くろさわ・りょうへい)

1981(昭和56)年8月23日生まれ、37歳。静岡・磐田市出身。2004年にMAKIDAI、USAとともにヒップホップグループ、RATHER UNIQUEを結成。06年、パフォーマーとしてEXILEに加入。08年、TBS系「Around40」で俳優デビューし、11年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」や12年のフジテレビ系「GTO」などにも出演。活動名のAKIRAは友人に「クロサワといえばアキラ(黒澤明監督)」と言われたため。184センチ。

リン・チーリン(林志玲)

1974年11月29日生まれ、44歳。台湾・台北市出身。カナダ・トロント大で西洋美術史と経済学の学士を取得後、2002年にモデルデビュー。08年、中国映画「レッドクリフ」でヒロインの絶世の美女・小喬役で女優デビュー。09年に日本で芸能活動をスタートし、住宅メーカーのマキハウスのCM「casa cube」で日本企業CMに初出演。10年のフジテレビ系月9ドラマ「月の恋人~Moon Lovers~」では木村拓哉の相手役を演じた。174センチ。