2019.6.3 11:00(1/6ページ)

芦田愛菜×石橋陽彩、14歳が出会ったかけがえのない夏

芦田愛菜×石橋陽彩、14歳が出会ったかけがえのない夏

特集:
TOKYO HEADLINE
[芦田愛菜]ヘアメイク・久慈拓路 スタイリスト・浜松あゆみ[石橋陽彩]ヘアメイク・佐藤真希(撮影・蔦野裕)

[芦田愛菜]ヘアメイク・久慈拓路 スタイリスト・浜松あゆみ[石橋陽彩]ヘアメイク・佐藤真希(撮影・蔦野裕)【拡大】

 幻想的な海の世界と生命の神秘を描いた映画『海獣の子供』が、6月7日に全国公開される。数々の映画やドラマで幅広く活躍する女優・芦田愛菜と『リメンバー・ミー』のミゲル役で一躍注目を浴びた石橋陽彩。話題の2人が14歳の同世代初共演を果たした。

■今、最も注目の14歳同士が初共演

 自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽の前にたたずんでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年・海とその兄・空と出会う。琉花の父は言った。「彼らは、ジュゴンに育てられたんだ」と。明るく純真無垢な海と、何もかも見透かしたような怖さを秘めた空。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく……。

 不器用な14歳の女子中学生・琉花を演じた芦田愛菜と、物語の鍵を握る少年・海を演じた石橋陽彩。脚本を読んだ時の印象は?

 芦田愛菜(以下、芦田)「生と死というテーマが浮かびました。琉花は自分が生きているという実感から“死”ってどんなものだろうと“生”の立場から死を見ていると思うんですけど、空くんとか海くんは、自分がいつか死ぬということが分かっていて“死”から“生”を見ていて。それまで生と死って正反対なものなのかなと思っていたけど、実は隣り合わせなのかな、と感じました」

 石橋陽彩(以下、石橋)「新たな世界というテーマかなと。映画を見て、僕たちが知らない海の世界、たとえばクジラや生き物の神秘。そういう未知の世界が見られる映画かなと感じました」

 自然界を独特の線使いと漫画表現で描き、読者を魅了する漫画家・五十嵐大介の長編作『海獣の子供』。映像化が難しいと言われていた同作を、映画『鉄コン筋クリート』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞のSTUDIO4℃が、満を持して映画化。海の匂いや風まで感じるような、五感を震わすアニメーションを実現させた。作品を見た2人の感想は。

 芦田「映像と音楽、お互いがお互いを引き立てあっていて、命が宿っているなと感じました。この作品は命の誕生、生命の神秘など、明確な答えがある映画ではないと感じました。映画を見たときに感じることがそれぞれ違うと思うけど、それでいいと思っています。正解を求めるんじゃなく、そのときに心で感じたことや、体全体で感じたことを大切にしてほしいと思いました」

【続きを読む】