2019.5.30 05:05(1/2ページ)

知英、“おデブな女子高生”に大変身!主演映画で特殊メーク3時間

知英、“おデブな女子高生”に大変身!主演映画で特殊メーク3時間

え? これが知英!? 主演映画で驚きの大変身

え? これが知英!? 主演映画で驚きの大変身【拡大】

 女優、知英(25)が11月公開の主演映画「どすこい!すけひら」(宮脇亮監督)で“おデブな女子高生”に大変身していることが29日、分かった。役作りのためハリウッド仕込みの特殊メークと、想定体重100キロ超のファットスーツで“増量”。映画は同名人気漫画を実写化したラブコメディー。難役を体当たりで演じきったは知英は、「やっぱり役者って面白い」と新境地を満喫している。

 え!? 誰!?と思わず声をあげるほど。ドジなOLにトランスジェンダー、殺し屋などさまざまな役を巧みに演じ分けてきた“カメレオン女優”の知英が、今度は元ぽっちゃり女子に変身した。

 「どすこい!すけひら」は漫画家、たむら純子さんの同名漫画が原作。相撲取りのような外見から“どすこい”とあだ名を付けられたおデブの主人公・助平綾音が、ある事故をきっかけにやせてナイスバディーの美女となり、恋に奮闘する姿を描く物語だ。

 太った頃とやせた後の主人公を演じ分けられる表現力の高い女優として白羽の矢が立ったのが、フジテレビ系主演ドラマ「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」(2017年)で1人7役をこなすなど数々の難役に挑んできた知英だった。

 撮影では、特殊メークとファットスーツで想定体重100キロ超の太った頃の綾音に変身。ハリウッド映画「ゴーストバスターズ」のマシュマロのデザインなどを担当した特殊メークの第一人者、江川悦子氏が手掛けた。

【続きを読む】

  • 本当は167センチ、B84W59H88の抜群のスタイルを誇る知英
  • え?これが知英!?主演映画で驚きの大変身
  • え?これが知英!?主演映画で驚きの大変身
  • え?これが知英!?主演映画で驚きの大変身
  • え?これが知英!?主演映画で驚きの大変身