2019.5.28 18:03

川崎無差別殺傷事件、死亡した男性は外務省職員

川崎無差別殺傷事件、死亡した男性は外務省職員

小学生を含む複数の人が刺された現場付近で、救助にあたる救急隊員ら=28日午前9時10分、川崎市多摩区

小学生を含む複数の人が刺された現場付近で、救助にあたる救急隊員ら=28日午前9時10分、川崎市多摩区【拡大】

 川崎市多摩区の路上で男が児童らを無差別に襲った事件で、現場にあった男のものとみられるリュックサックの中から包丁のような刃物2本が見つかったことが28日、神奈川県警への取材で分かった。男は両手に刃物を持って襲撃しており、合わせて計4本を所持していた。県警は殺人容疑などで多摩署に捜査本部を設置。計画的だった可能性があり、自殺した50代の男の身元を含め詳しく調べている。

 捜査本部によると、死亡したのは東京都多摩市、小学6年栗林華子さん(11)と、東京都世田谷区、外務省職員小山智史さん(39)。小山さんはけがのなかった児童の保護者だった。新たに男児1人の軽傷も判明し、重軽傷は17人、被害は計19人になった。このうち重傷は40代女性と別の女児2人の計3人。

 搬送先の病院や市消防局によると、死亡した2人はいずれも首に刃物による深い傷があり、男は強い殺意があったとみられる。17人も刃物で切り付けられるなどし、傷は頭や肩など上半身に集中していた。小山さんは首や肩の他、背中にも傷があり、児童らを守ろうとして背後から襲われた可能性がある。