2019.5.23 15:41

東芝、ファーウェイ向け出荷を一時停止

東芝、ファーウェイ向け出荷を一時停止

 東芝は23日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に納入する製品に米国産の部品が組み込まれていないかを点検するため、全ての出荷を一時停止したことを明らかにした。

 日本企業はファーウェイに供給する電子部品が米国の禁輸措置に抵触するかどうか確認を急いでいる。パナソニックもファーウェイ向けの一部製品の取引中止を決めており、影響はさらに拡大する公算が大きい。

 東芝は出荷を停止した具体的な製品を明らかにしていないが、電子部品とみられる。広報担当者は「取引額は小さく、業績への影響はない」と説明した。

 米政府は米国からファーウェイへの輸出に加え、米国以外からでも一定以上の米国産の部品や技術、ソフトウエアを使った製品の輸出を禁止した。違反した場合は罰金を科されたり、米国での事業に支障を来したりする恐れがある。