2019.5.22 15:03

沢尻エリカ、“別に”騒動を振り返る「すごい精神状態」

沢尻エリカ、“別に”騒動を振り返る「すごい精神状態」

沢尻エリカ

沢尻エリカ【拡大】

 女優、沢尻エリカ(33)が22日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜正午)に出演。2007年に自身が起こした不機嫌騒動を振り返り、当時の心境を語った。「問題を起こすまで、すごい精神状態で本当に私はやっていて、自分しか見えていない。まわりが全く見えない状態」と切り出すと、「今振り返ってみたら何てことを言ってしまったんだってやっぱり思います。当時はもう、そんなことを考える余裕すら全くなくて。本当に不思議ですよね。どこか自分の中で、人として感情的にすごく欠落している部分があって、この業界で何か見失っていたんでしょうね」と告白した。

 騒動後はこのタイミングで休業して海外に行くことにも葛藤があったという。「このままいたらダメになると思ったので、全てを捨ててもいいから海外に行って、根性をたたき直そうと思った。本当に大変で、ロンドンで過ごした半年は毎日泣きながらって感じでした」と約3年間過ごした英ロンドンとスペイン・バロセロナの海外生活を明かした。

 沢尻は07年9月に主演した映画「クローズド・ノート」の舞台あいさつで不機嫌そうな態度を取り、進行役の女性からの質問に「特にないです」「別に」と答え批判を浴びた。約3年間の海外生活を経て12年公開の主演映画「ヘルタースケルター」で復帰を果たした。