2019.5.22 05:02

立川志らく、弟子を前座に降格 二つ目7人全員が舞台稽古場に来ず

立川志らく、弟子を前座に降格 二つ目7人全員が舞台稽古場に来ず

立川志らく

立川志らく【拡大】

 落語家、立川志らく(55)が21日、ツイッターを更新し、期限付きで弟子である「二つ目全員、前座に降格させました」と報告した。

 現在、志らくは29日開幕で主宰する劇団・下町ダニーローズの舞台「不幸の正義の味方」(東京・新宿のサンモールスタジオで6月7日まで)の稽古中。19日のツイッターでは「二つ目になったばかりの弟子が(稽古場に)一度も来ない」、「師匠に興味があるかないか。師弟の一番大切な根本です」などとつづっていた。

 志らく一門の公式サイトによると、二つ目は立川志獅丸(43)ら7人。21日のツイッターでは「志らく落語は芝居によって開眼した事を弟子は知っているし、またそれを承知で入門してきた」とした上で、今後は「それぞれ期間を決めて前座修業をやり直させます。謹慎より屈辱」と説明。今夏に真打ち昇進が決まっている志獅丸の期間は「真打ち昇進前日まで」としている。

志らく「世間が動かないと変わらない体質」日本陸連批判の大迫を擁護
志らく、太田光とぜんじろうのバトル絶賛「芸人の美しさを見た」
ケーシーさんの下ネタは「女の子が喜んじゃう」志らくが芸をたたえる