2019.5.22 05:02(1/2ページ)

間寛平、木村進さん通夜で悲痛「僕がこうしてやれているのは進ちゃんのおかげ」

間寛平、木村進さん通夜で悲痛「僕がこうしてやれているのは進ちゃんのおかげ」

盟友であり、家族のようだった“相方”木村進さんを悼む間寛平=大阪市都島区(撮影・榎本雅弘)

盟友であり、家族のようだった“相方”木村進さんを悼む間寛平=大阪市都島区(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 19日に腎不全のため68歳で死去した吉本新喜劇の元座長で喜劇俳優、木村進(きむら・すすむ)さんの通夜が21日、大阪市内で営まれた。芸人仲間ら関係者100人が参列。1970年代半ばから80年代にかけ、名コンビとして人気を博した間寛平(69)も弔問に訪れ、「僕がこうして長いことやれているのは進ちゃんのおかげ」と故人をしのんだ。

 “相方”を越え、家族のような存在の木村さんに別れを告げた。長い間、リハビリを見守ってきた寛平が無念そうに語り始めた。

 「本当に残念。僕がこうして長いことやれているのは進ちゃんのおかげ。もっと僕が助けてあげられたらよかったのに…」

 木村さんが1988年に脳内出血で倒れ、左半身に重い障害が残り、新喜劇を退団して以降も寛平は年に3回ほど見舞いに訪れ、身の回りの世話などもしてきた。最後に会ったのは亡くなる前日の18日。何度も呼びかけたが、応答はなかった。

 「芝居に対してすごい熱い人だった。僕がわけわからないギャグばかりやっていたところをうまいことツッコんでくれて、目立つようにやってくれました」

【続きを読む】

  • 木村さんと寛平(左)のコンビは人気を集め、病に倒れた後も親交は続いた(2001年9月撮影)
  • 祭壇の遺影
  • 盟友であり、家族のようだった“相方”木村進さんを悼む間寛平=大阪市都島区(撮影・榎本雅弘)
  • 盟友であり、家族のようだった“相方”木村進さんを悼む間寛平=大阪市都島区(撮影・榎本雅弘)
  • 弔問に訪れた池乃めだか
  • 弔問に訪れた池乃めだか
  • 弔問に訪れた桂文珍
  • 弔問に訪れた月亭八方
  • 弔問に訪れたオール巨人
  • 弔問に訪れたオール巨人