2019.5.21 05:00

文芸評論家、加藤典洋氏が死去

文芸評論家、加藤典洋氏が死去

 加藤 典洋氏(かとう・のりひろ=文芸評論家、早大名誉教授)が16日、肺炎のため東京都内の病院で死去、71歳。山形市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻、厚子(あつこ)さん。

 東大文学部卒業後、国立国会図書館勤務の傍ら「アメリカの影」で単行本デビュー。95年の論文「敗戦後論」で、日本がアジアへの加害責任と向き合うには、先に日本の戦没者を弔うべきだと主張、大論争となった。明治学院大、早大で教授を歴任。