2019.5.21 20:24

生島ヒロシ、「おはようヒロシ体操」を披露

生島ヒロシ、「おはようヒロシ体操」を披露

 フリーアナウンサー、生島ヒロシ(68)が21日、東京・中野のZEROホールで行われた「高齢者交通指導員研修」(警視庁交通部主催)で、高齢者の交通指導にあたるボランティア600人を前に交通安全の講演を行った。

 「高齢者交通事故防止アドバイザー」の肩書を持つ生島は「最近は池袋や大津の交通事故、逆走など、こちらが注意をしても災いは向こうからやって来る」と指摘。「まずは足腰を鍛えて健康長寿になりましょう。スクワットや片足立ちで股関節を鍛えましょう」と呼び掛け、月~金曜早朝のTBSラジオ番組で提唱する「おはようヒロシ体操」を披露した。

 最後は「生島ヒロシ」にちなみ、「い」くつになっても交通安全。「く」らくなったら反射材。「し」んごう守って右、左。「ま」って、その道、横断禁止。「ひ」やり体験、注意信号。「ろ」うかつのススメ。事故防「し」を600人とともに唱和した。